2015年11月25日

遠藤直哉 著書|遠藤直哉に学ぶ

今回、遠藤直哉先生の著書『新しい法社会を作るのはあなたです―「ソフトロー」と「分割責任論」の活用―』を参考にご紹介するスポーツプレイの裁判例は、「水泳教室での事故」です。
ある民間会社が、小さな子供たちを集めて、海で水泳教室を開いたとします。
その運営会社はコーチを抱えるスクールを下請けに使ったとき、一人のコーチしかいなくて、目を離しているすきに子供がおぼれて死亡してしまった場合はどうなるでしょう。

遠藤直哉先生は、この場合「スクール側(コーチを含む)に民事の賠償責任が生じます。また、運営会社に別の監視員がいれば、その会社(監視員を含む)の責任にもなります。」と述べております。

また、こうした海での小さな子供たち相手の水泳教室であれば、母親も付き添っているケースが多く、スクール側が母親との同伴をルールにしていることもあります。
こうした場合は、母親の責任も発生し、過失が相殺されるのだそうです。

小さな子供をコーチに預けて水泳教室に向かう際は、油断せずにしっかり見守ってあげることが大事なんですね。
次回も遠藤直哉先生の著書より分割責任論が活かされた裁判例について紹介していきます。
お楽しみに。

医療と法制度、ソフトロー 〜遠藤直哉氏の唱える新しい法運用〜
ソフトローデモクラシー (遠藤直哉)
社会と子育てのいい関係 〜遠藤直哉さんのソフトロー論〜
日本の抱える国際問題と法制度 〜ソフトローについて〜 遠藤直哉氏を研究する
今だからこそ憲法について考える 〜遠藤直哉氏のソフトロー的思考〜
新しい法社会を作るのはあなたです
ソフトローと法律の未来 〜遠藤直哉の唱える理論は新しいスタンダードになるか〜
消費者主義と現代の法について 〜ソフトローによる企業と消費者の共存 遠藤直哉氏の考え〜
遠藤直哉先生のソフトローデモクラシー論について
遠藤直哉Twitter
遠藤直哉Facebook
Dr遠藤直哉のBLOG
フェアネス法律事務所
弁護士 遠藤直哉のホームページ
Amazon.co.jp: 遠藤直哉: 本
youtube遠藤直哉のチャンネル
遠藤 直哉弁護士フェアネス法律事務所 - 弁護士ドットコム
ジュンク堂 著書「遠藤直哉」の書籍
遠藤 直哉 弁護士 - 納得!どっとこむ
遠藤 直哉 - 第二東京弁護士会
まとめサイト
posted by ニックネーム at 14:46| Comment(0) | 遠藤直哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

遠藤直哉 著書|遠藤直哉に学ぶ

前回、遠藤直哉先生の著書『新しい法社会を作るのはあなたです―「ソフトロー」と「分割責任論」の活用―』においてゴルフプレイ中の事故の責任の所在について考えを進めていきましたが、今回もよく読み進めていきたいと思っています。
ゴルフボールを打つAが声を掛けずにボールを打ってしまい、前を歩いていたBに充ててしまった場合Aに責任が発生してしまうということは遠藤直哉先生の著書よりお話しましたが、じつはキャディーも声を掛けないまま打たせてしまうと責任を取らされてしまうのだそうです。
キャディーの責任は、すなわちそのキャディーを雇ったゴルフ場Cの責任者となります。
結局、お金を例に考えてみると前に出たBが300万円の損害を受けた場合、打ったAは100万円、ゴルフ場Cが100万円(キャディーを含む)を払うこととなるのだそうです。
当事者だけでなく周囲も巻き込む形で賠償金が発生してしまうため、歩く側もボールを打つ側も、キャディーをする側も出来る限り周囲を見て気を付けていきたいですね。
次回も遠藤直哉先生の著書よりスポーツプレイ中の事故責任について考えていきたいと思います。
お楽しみに。


医療と法制度、ソフトロー 〜遠藤直哉氏の唱える新しい法運用〜
ソフトローデモクラシー (遠藤直哉)
社会と子育てのいい関係 〜遠藤直哉さんのソフトロー論〜
日本の抱える国際問題と法制度 〜ソフトローについて〜 遠藤直哉氏を研究する
今だからこそ憲法について考える 〜遠藤直哉氏のソフトロー的思考〜
新しい法社会を作るのはあなたです
ソフトローと法律の未来 〜遠藤直哉の唱える理論は新しいスタンダードになるか〜
消費者主義と現代の法について 〜ソフトローによる企業と消費者の共存 遠藤直哉氏の考え〜
遠藤直哉先生のソフトローデモクラシー論について
遠藤直哉Twitter
遠藤直哉Facebook
Dr遠藤直哉のBLOG
フェアネス法律事務所
弁護士 遠藤直哉のホームページ
Amazon.co.jp: 遠藤直哉: 本
youtube遠藤直哉のチャンネル
遠藤 直哉弁護士フェアネス法律事務所 - 弁護士ドットコム
ジュンク堂 著書「遠藤直哉」の書籍
遠藤 直哉 弁護士 - 納得!どっとこむ
遠藤 直哉 - 第二東京弁護士会
まとめサイト
posted by ニックネーム at 11:53| Comment(0) | 遠藤直哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

遠藤直哉 著書|遠藤直哉に学ぶスポーツとソフトロー

前回、遠藤直哉先生の著書『新しい法社会を作るのはあなたです―「ソフトロー」と「分割責任論」の活用―』では交通事故の責任の所在について紹介いたしました。
今回は、遠藤直哉先生の同著書よりゴルフのプレイ中の事故での責任の所在についてご紹介いたします。
体を動かしたり、ボールを打つようなスポーツで怪我は付き物です。ゴルフもその例に漏れず、固いゴルフボールが当たり、怪我をさせてしまう事故が起きる場合があります。
スポーツのルールについて考えていくこのブログにおいて、今回の話は特に注意深く読んでいきたいですね。
それではまずひとつ、遠藤直哉先生より問いが投げかけられております。
「ゴルフをしているときに、Aの打ったゴルフボールが、前方の横方向を歩いていたプレイヤーBに当たってケガをさせたときには、打ったAと前のほうに歩きだしてしまったBのいずれに責任があるでしょうか。

これまで読んできた「分割責任論」のことを考えれば、Aが打っていることがわかっていながら前を歩いたBには責任があると考えられますが、では実際に怪我させてしまったAはどうなるのでしょう。
遠藤直哉先生は以下のように述べております。
「原則として、ゴルフボールを打つAがいるのを知りながら前を歩いていくBは、責任を負います。しかし、Aやキャディーが声を掛けずに打ってしまえば、打ったAにも多少の責任はあります。」
場合にもよりますが、声を掛けなければAも責任を負ってしまうのですね。
人と人が同じ場所にいてこそのスポーツでは、声を掛けての譲り合いやコミュニケーションが大事だということを痛感します。
この裁判例には、他にも様々なケースと責任の所在がありますが、長くなったので次回でご紹介していきたいと思います。

医療と法制度、ソフトロー 〜遠藤直哉氏の唱える新しい法運用〜
ソフトローデモクラシー (遠藤直哉)
社会と子育てのいい関係 〜遠藤直哉さんのソフトロー論〜
日本の抱える国際問題と法制度 〜ソフトローについて〜 遠藤直哉氏を研究する
今だからこそ憲法について考える 〜遠藤直哉氏のソフトロー的思考〜
新しい法社会を作るのはあなたです
ソフトローと法律の未来 〜遠藤直哉の唱える理論は新しいスタンダードになるか〜
消費者主義と現代の法について 〜ソフトローによる企業と消費者の共存 遠藤直哉氏の考え〜
遠藤直哉先生のソフトローデモクラシー論について
遠藤直哉Twitter
遠藤直哉Facebook
Dr遠藤直哉のBLOG
フェアネス法律事務所
弁護士 遠藤直哉のホームページ
Amazon.co.jp: 遠藤直哉: 本
youtube遠藤直哉のチャンネル
遠藤 直哉弁護士フェアネス法律事務所 - 弁護士ドットコム
ジュンク堂 著書「遠藤直哉」の書籍
遠藤 直哉 弁護士 - 納得!どっとこむ
遠藤 直哉 - 第二東京弁護士会
まとめサイト
posted by ニックネーム at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。